2010年08月20日

自動車産業も氷河期突入の可能性

電気自動車分野では既存の自動車メーカーのように巨大産業でなくても自動車をつくれる時代になろうとしています。
ここで重要なのが電池の規格なのですが、電池の規格までガラパゴス日本方式で進めて明るい未来は見えるのでしょうか

日本のキメ細かな、時に細かすぎる基準や基準づくりは世界で通用しなくなっています。
posted by ニート at 05:48| サバイバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。